野末と辻井

「時間がない」「面倒くさいいろんなお付き合いが嫌い」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に付いていくのが大変」など、ストレスが溜まるシーンは人によって違います。
塩分と脂肪の摂り過ぎを避けた上で簡単な運動に努めるだけでなく、ストレスの少ない暮らしを続けることが狭心症を招く動脈硬化を予め防ぐポイントです。
ストレスがかかり、蓄積してしまう原理や、便利な抗ストレス方法など、ストレスに関しての詳細な知識を学ぼうとする人は、現時点ではまだ多くないようです。
ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、といった生活を続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘発していることは、色んなところで言われているのです。
耳の奥の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類できますが、中耳の近くに黴菌やウィルスなどがうつって炎症が起こったり、体液が溜まる病を中耳炎と言うのです。
ともすると「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」と判断しがちですが、実際は、人間は多種多様なストレスを感知しているからこそ、生活していくことに耐えられます。
常識で考えると骨折しない程度の弱い力でも、骨の決まったポイントに複数回繰り返し続けて力が加わることにより、骨折が起こってしまう事もあり得るようです。
素人が外から見ただけでは骨折しているかどうか分からない時は、負傷した地点の骨を優しく指で圧してみてください。その部分に強烈な痛みが響けば骨折の疑いがあります。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛ぶ量に追従するかのように深刻になるという性質があると知られています。
流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザの効果的な予防法や医師による手当等ベーシックな対処策は、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであっても同じです。
吐血と喀血はいずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器)から出血することで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部の消化管から血が出る症状を指しているのです。
学校等の集団行動をする中で、花粉症の為に皆と同じように外で明るく行動できないのは、子どもにとっても辛いことです。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を落としたり変異を誘引する害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の動作を促進するような役目が認識されています。
子供の耳管の構造は、大人の耳管と比較すると幅が広く長さがあまりなく、尚且つ水平に近いため、黴菌が進入しやすくなっています。子どもがよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。
WHO(World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の極端な浴び過ぎが皮膚にトラブルを招くとして、19歳未満の男女が日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を先進国に求めている最中です。