サセックス・スパニエルが亀田

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる主因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れやビタミンBコンプレックスの欠乏等が関わっています。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの値によって診ることができますが、最近では肝機能が悪化している人数が徐々に増えているとの報告がありました。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓、口からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープなど)のに必要となる基本的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、普通、人体をがんから護る作用を持つ物質を作出するための鋳型みたいな遺伝子の異常により罹患してしまう病気です。
通常の場合は骨折しない程度の弱い力でも、骨の同一の個所に複数回にわたっていつまでも力が加わると、骨折が生じることがあるので注意が必要です。
汗疱(かんぽう)は手のひらや足裏、又は指の隙間などにプツプツとした小さな水疱がみられる症状で、一般には汗疹(あせも)と言われており、足裏に出現すると足水虫と思い込まれることがよくあるようです。
スギ花粉症などの緒症状(水っぱな、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れない場合、それが素因になって睡眠不足の状態になり、翌朝目覚めてからの業務内容に芳しくない影響を与えることもあるのです。
内臓に脂肪が多い肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2個以上に該当するような健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と称しています。
ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分けられますが、この中耳のところに黴菌やウィルスなどが付いて炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも出ることがあるため難しい心臓疾患とはいえませんが、短時間で発作が続いて起きる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
肝臓をいつまでも健やかに保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対策を迅速に実行することが有効でしょう。
万が一婦人科の検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回りPOF(Premature Ovarian Failure)と判明した場合、少ない女性ホルモンを補填してあげる医術などで緩和できます。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が切れてしまった後に市場に出回って、まったく同じ成分で負荷が小さくて済む(薬代が安価な)後発医薬品のことをいいます。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性であるビタミンEなどとは違っており、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする作用を発揮するのです。
WHOは、紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮膚病をもたらすとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を世界各国に勧めています。